【脱毛前に必ずチェック!】脱毛経験者の後悔ポイントを分析!

記事更新日: 2021/02/06

ライター: はっしー

この記事でわかること
脱毛前にチェックすべき事

■脱毛後によく後悔する点

■どうすれば後悔しないか

この記事を書いた人

はっしー 

学生の頃から美容に興味を持ち始め、スキンケア・ヘアケア・脱毛など様々な美容分野に精通!
数々の商品やサロンを実際に利用した経験を活かしその人にあった美容ツールを提供しま

 脱毛しなきゃ良かった・・

 脱毛して後悔した・・

 脱毛には清潔感UP・自己処理が楽に・肌荒れの防止など様々なメリットがあります。

 しかし、実際に脱毛を経験した人の中には様々な理由で後悔する人も・・

はっしー

脱毛経験者が実際にどこで後悔するのか、徹底分析していきます!

なぜ脱毛で後悔する?

たけし

実際の脱毛経験者はどんな所で後悔してるんだろう?

☆後悔するポイント一覧☆
  • 完了までかなり時間がかかった

  • 痛みが原因で通院が億劫に

  • 予算がオーバーしてしまった

  • 毛を生やせなくなった

  • 後遺症が残ってしまった

 いずれも契約後・施術後には取り返しがつかない事が多い!

はっしー

大切なのは事前に脱毛についてしっかり調べる事!

後悔ポイント別の解説と対策

はっしー

ポイント解説の前にまず脱毛方法の種類について理解しよう!

 脱毛方法は「光脱毛」「医療脱毛」「ニードル脱毛」の3種類。

 脱毛方法によって効果・痛み・料金・通院頻度には大きく違いがあります。

 それぞれの脱毛方法に長所・短所があります。この脱毛方法を選べば完璧!はありません。

たけし

まずは理解する事から始めるのが大切!

はっしー

各種脱毛の詳しい仕組みはこちらの記事!

思った効果が得られない・完了までかなりの時間がかかる

 脱毛方法・サロンによって効果の程度は異なり、どの方法でも効果を実感・完了するでにはかなりの時間を要します。

たけし

すぐ効果を求める事は結果として挫折に繋がる、

はっしー

事前に理解し、納得してから契約することが大切!

☆対策ポイント☆
  • どの程度の効果が希望か明確に

  • 脱毛種類別の効果・通院期間を把握する

  • カウンセリングで診断してもらう

はっしー

まずは自分がどの程度の効果を希望するのか明確に!

 目的が明確になっていないと間違った脱毛方法を選択してしまう原因に!

たけし

目的と相違した脱毛方法を選ぶと仕上がりに後悔する原因に、

 目指すのは「ツルツル肌」「毛量を減らすだけ」どちらかによって選択が変化!

 脱毛を始める前に明確な目的を立てましょう!

はっしー

次に脱毛種類によっての効果・通院期間の違いを把握しよう!

 どの脱毛方法も最低1年以上の継続で脱毛効果が持続的に得られる場合が多い。

たけし

脱毛=時間がかかる
は仕方ないと受け入れよう、、

 また、ツルツル肌・永久的な効果を期待するのであれば「医療脱毛」「ニードル脱毛」!

 毛量を減らす・手入れの楽さを期待するのであれば「光脱毛」がオススメです!

たけし

通う頻度も方法により異なるので自分の生活スタイルとの相談が必須!

はっしー

最近は永久的なツルツル肌を目指す医療脱毛の超人気!オススメの医療脱毛サロンはこの記事!

はっしー

次はカウンセリングで詳しく確認しましょう!

 結局の所、人によって効果の出方・通院期間は異なります。

 毛質・毛量・肌質等により、個人差があるため施術前のカウンセリングで確認する事が重要です。

 メンズ脱毛サロンの場合、無料カウンセリングを用意している場合が多いので是非活用しましょう!

ワンポイントアドバイス!
カウンセリングは何を聞けば良い?

・自分の肌に合う脱毛方法か?
・効果を得るまでの期間・通院頻度は?
・予約は取りやすいか?
この3点は契約してから後悔する事が多いため、カウンセリングで必ず確認しましょう!

自分の目的・肌質に合った脱毛方法を選択してるけど効果がなかなか実感できない・・

はっしー

そんな時は脱毛後のアフターケアに問題があるかも、詳しくはこの記事を!

痛みが原因で通院が億劫に

 脱毛は仕組み上、毛根にダメージを与えているので強い痛みを伴う事が多い

☆対策ポイント☆
  • 自分の痛み耐性を知る

  • 脱毛種類別の痛みを知る

  • 麻酔を使う

はっしー

まずは自分の痛み耐性を理解!

 自分が痛みに対して、強いのか、弱いのか。

 どの程度の痛みなら許容できるのか。

 をあらかじめ把握しましょう!

たけし

みんな痛いのは嫌だよね、、

ワンポイントアドバイス!
男性は痛みに弱い?

男性は女性に比べて痛みに非常に弱いとよく耳にしますが本当でしょうか?
答えは「NO」。
男性は痛みの感情を表に出しやすく、女性は表に出しにくいだけの話です。

はっしー

次に脱毛種類別の痛みの違いを理解しよう!

脱毛の痛みランキング(痛い順)
☆第1位☆ ニードル脱毛

☆第2位☆ 医療脱毛

☆第3位☆ 光脱毛

はっしー

Twitterでの脱毛の痛みについての口コミを見てみましょう!

 例えで良く言われますが、

 医療脱毛は、毛穴1つ1つに輪ゴムを打ち込まれてる感覚・・

 ニードル脱毛は、針を刺す痛みと強い静電気の痛みと似てる・・

 半永久的な効果を得られる脱毛方法には強い痛みを伴う事が多い。

たけし

話を聞くだけでも恐怖、、

 その点、光脱毛は毛根を弱らせるだけのため痛みは少ない。

 痛みに弱いけど、脱毛を始めたい人には痛みが比較的少ない光脱毛がオススメ!

はっしー

オススメの光脱毛サロンはこちらの記事!

はっしー

痛みが強い医療脱毛なら「麻酔」を使うのも手!

 「麻酔」は医療行為とみなされる医療脱毛のみの取り扱い

 「笑気麻酔」の使用が多く、お酒に酔った様な感覚、痛覚が鈍くなり痛みが軽減されます。

予算がオーバーしてしまった

 脱毛は契約してから短くても1年・長くて3年以上通うことになります。

 脱毛前に価格を正確に理解し、予算を立てる事は脱毛を継続するために必須!

はっしー

予算不足で通えなくなると中途半端な結果で終わる事に!

たけし

予算オーバーにならないためにはどうしたらいいの?

予算オーバー回避のポイント
☆脱毛に回せる自己資金の把握

☆脱毛種類別の費用の把握

☆HPやカウンセリングで正確な料金の把握

はっしー

まずは脱毛に回せる自己資金をしっかり把握しましょう!

 予算を立てないと、不要なプランを契約で結果的に高額になり予算オーバーに繋がります。

はっしー

次に脱毛方法とそのコストについて理解しましょう!

脱毛種類別コストランキング(安い順)
☆第1位☆ 光脱毛    

☆第2位☆ 医療脱毛

☆第3位☆ ニードル脱毛

 効果の高い脱毛方法ほど料金が高い傾向にあるようです。

 中でもニードル脱毛は毛穴1つ1つに針を刺して電流を流すため、かなり手間がかかる事から最も高額。

たけし

学生や若い人は経済的負担の少ない光脱毛から始める人も!

はっしー

逆にある程度予算が確保できて、高い脱毛効果を得たいなら医療脱毛・ニードル脱毛がオススメ!

ワンポイントアドバイス!
月額制は良くない?

料金形態には「月額制」があります。
月々○千円など安く感じるかも知れないが、通院期間が長くなり結果的に高額になる事が多いのでコース料金形態の方がオススメ!

毛が生やせなくなってしまった

 脱毛方法によっては永久的な効果が得られるのが大きなメリットの1つです。

 しかし、逆を返せば脱毛をすると生やしたい時に生やせないデメリットもあります。

 「ヒゲがある方が似合ってた・・」

たけし

せっかく脱毛したのにそう言われるとショックですよね、、

 半永久的な効果がある脱毛は周りからの評判・自分の趣味嗜好の変化には対応できないのが唯一のデメリット。

 「これからも生やす可能性があるけど脱毛はしたい」方は一時的な減毛効果だけに止められる光脱毛がオススメ!

後遺症が残ってしまった

 脱毛には副作用や稀に後遺症が発生する場合があります。

副作用や後遺症一覧
  • 火傷による炎症・肌荒れ

  • しみ・そばかす・色素沈着の原因

  • 毛の硬毛化

  • 光過敏症

はっしー

これらは全てレーザー照射を伴う脱毛方法で発生しやすい!

 レーザー脱毛は仕組み上、熱で毛根にダメージを与えるため、施術後は軽い火傷状態に。

 また、レーザーにより肌に高負荷がかかるため一時的な肌荒れの原因にも繋がります。

 これらの症状は2〜3日で治ることがほとんどですが、誤ったアフターケアで悪化する事もあります。

たけし

どう対策すれば良い?

☆対策一覧☆
  • 普段から保湿の徹底

  • 日焼け対策

  • 自身の体調管理

 特に、火傷や肌のダメージは肌の水分量が少ない人ほど現れやすいため脱毛前後の保湿の徹底が重要!

はっしー

保湿することで脱毛効果のUPも狙える!

 また、稀にレーザーによる熱が原因で毛根を活性化させ、かえって毛を濃くしてしまう「硬毛化」が起きる場合も。

たけし

脱毛してるのに濃くなるって最悪、対策方法は何かある?

 体質によっても左右されるので完全に対策するのは難しい。

 しかし、脱毛器の出力を調整できればある程度の対策はできるため、サロン選びの際に導入されている脱毛器をチェックすると良い。

はっしー

どんな脱毛器を導入しているかはHPやカウンセリングでチェック!

 また、脱毛前後に薬の服用をしている人は、薬の成分によってレーザーが過剰に肌に反応してしまう「光過敏症」を引き起こす可能性も。

光過敏症発症の可能性がある身近な薬
  • 抗生物質

  • 解熱剤・鎮痛剤

  • 抗アレルギー剤

  • ホルモン剤

  • ステロイド系

 脱毛前24〜48時間はこれらの薬は控えるようにしましょう!

はっしー

その他にも脱毛前後に気をつけることはこの記事を参照!

まとめ

 脱毛は契約後に後悔する事が意外に多い。

 しかし、事前に調べれば対策できる事が大半!

 契約前に後悔ポイントを1つづつ潰していき、満足のいく脱毛ライフを送ろう!

この記事を書いたライター

はっしー

東京都の区役所で勤めている23歳の公務員です!

日々の生活の中で新しいものや変わったものを調べるのが大好きです!

日常生活の「気になるけど、中々手を出せない事」を私独自の切り口で読者の皆さんの元に情報を届けたいと思っています!

この記事に関連するラベル

ページトップへ