ジムに通うメリットとは!?ダイエット?筋トレ?

記事更新日: 2020/08/18

ライター: みらいちゅう

ダイエットをすると決意をして、運動を始めたが三日坊主。

でもジムに通えば、整った環境の元、運動又は筋トレが出来るのでオススメです!本気で「痩せたい」「鍛えたい」と思ったらジムでトレーニングをするのが良いと思います!

この記事に書かれていることまとめ

・ジムに通うメリット・デメリット

・ジムでやってはいけないNG行動

ライタープロフィール
みらいちゅう

上場企業に勤めています。将来、思い描く自分になれるように一つの手段としてライターをやらせてもらっています。

自分は、「ボディメイク」「ジム」「ダイエット」「トレーニング」の事について書いています!興味を持っていただけるように頑張ります!

まなみ

痩せようと思って、運動始めたけど、続かない。

どーしよ。

みらいちゅう

ジムに通ってみれば?

まなみ

ジムって、鍛える所じゃないの?

みらいちゅう

ジムは鍛えるだけじゃなくて、運動できるマシンが多いんだよ!

 

ジムに通ってトレーニングした方が良いのか。

自宅でトレーニングした方が良いのか。

今回はジムに通うメリットやデメリットなど書いています!本気で痩せたい方や筋トレをしようと考えてる方は必見です!

 

ジムに通うメリット

1:色々な種類の筋トレ又は運動が出来る。

2:継続しやすい。

3:シャワールームやお風呂がある。

4:トレーナーに相談できる。

みらいちゅう

メリットを詳しく解説していきます!

 

色々な種類の筋トレ又は運動が出来る

ジムに行くと、自宅にないマシンが複数種類複数台あります!筋トレ目的はもちろん、ダイエットにも効果的になっております!

ランニングなどは天候の悪い日だとやりたくないと思います。ジムの場合、室内でも有酸素運動が出来ますし、天候の悪い日でも関係なく運動が出来るのであらかじめ日程を決めて、計画的に出来ます。

ちょいメモ

・ダイエット目的も筋トレ目的も、最低でも1週間に2~3回程度通うと効果が出やすいと言われています。※効果は個人差があります。

 

継続しやすい

一つの種目だけではないので、飽きずにトレーニングを続ける事が出来ますし、ジムによっては「ヨガ」「ダンス」などもあるので他の利用者の方と楽しく出来る場合もあります!

 

自宅トレーニングだと、自分を誘惑する物が多い(ゲーム、テレビなどなど)ので、途中で辞めてしまう場合も多いです。ジム通うと誘惑する物が少ないので、集中して取り組めます。

ちょいメモ

ジム利用料がかかっているので、プレッシャーがかかるのでジムにちゃんと通う。

 

シャワールームやお風呂がある

全体的にどこのジムもシャワールームや風呂場は完備されています。運動後、汗かいた状態で乗り物も乗ったりするのは嫌ですよね。シャワーを浴びれたら、ジムの後に予定も入れられますよね!

ちょいメモ

・サウナも併設されている所もあるので、汗をかくには十分!

 

トレーナーに相談できる

ジム初心者の方は特に、マシンの使い方やどこの部位に効果あるのかわかりません。でも一流のトレーナーがいるので気軽に声をかけて、正しいフォームで実のあるトレーニングが出来ます!

ちょいメモ

・ジムによってトレーナーがアルバイトで知識が無い方のところもあります。

 

ジムに通うデメリット

1:お金と時間が掛かる。

2:好きなタイミングでマシンや器具が使えない。

みらいちゅう

メリットがあればデメリットもあります。

デメリットを解説していきます。

 

お金と時間が掛かる

スポーツジムの利用料金の相場は大体、月額5,000円~10,000円前後位です。これが何ヵ月も通うとなると金額が積み重なり、相当な額になりますね。

例) 仮に10,000円×3ヵ月=30,000円

 

自分の目指す体型になるのにすぐ結果が出る訳ではないので時間が掛かります。それに1回のジム利用時間も数分で終わらすことはないと思うので利用時間も決して短いとは言えません。

あとジムに行くまでの移動時間も掛かります。お住まいの家の近くや会社帰りにいけるならいい方ですが、何十分かけて通うのは苦労しますね。

例)移動時間(往復)=1時間 利用時間=約2時間 トータル:3時間は掛かります。

ちょいメモ

・費用面で節約出来る所は節約する。(タバコをやめたり、飲み会の回数を減らしたり)

・極力、近いジムを選んで、移動時間を節約。

 

好きなタイミングでマシンや器具が使えない

ジムを利用している方はたくさんいらっしゃるので、自分がやろうと思ったマシンが他の利用者の方達に使われていることは多いです。特に台数が少ないマシンは争奪戦なのでその日は使えない可能性はあります。

ちょいメモ

・どうしても自分の時間で使いたい方は、24時間営業しているジムで朝早くか夜遅く行くことをオススメします。

 

ジムで周りから白い目で見られるNG行動は

1:大きな声や音を出すのはNG。

2:一つのマシンを長時間占領しての談笑や大声での会話。

3:器具マシンを使用中にスマホを弄る行為。

4:指定回数が終わったら叫ばない。

みらいちゅう

ジムでのトレーニング中にやってはいけない行動の解説をしていきます。

 

大きな声や音を出すのはNG

筋トレなどでマシンやダンベルの様な器具を使用して追い込んだ時、苦しい時に大きい声が出てしまったり大きい音を出すのは他の利用者に迷惑のでやめましょう。

静かな空間にいきなり大きな音が鳴ったりして、他の利用者がびっくりしてしまいます。

ちょいメモ

・他の利用者がびっくりしたあまり、器具を落としてケガをする危険があります。

 

一つのマシンを長時間占領しての談笑や大声での会話

友達や筋トレ仲間などとトレーニングをする場合、稀にいますが他の利用者に聞こえる様な声で会話している人たちがいます。少しの会話なら問題ないのですが、ずっとおしゃべりしているのは大変迷惑です。

ましてや、マシンや器具などを占領しながら会話しているのは尚更NGです

ちょいメモ

・おしゃべりしながらマシン等を占領していたら使用時間が長くなり、他の利用者が使えなくなってしまいます。

 

器具マシンを使用中にスマホを弄る行為

トレーニングをしている時、セット間のインターバル(小休憩)を挟む時にスマホを弄るのはやめておきましょう。1~2分なら問題ありませんが、あまりにも長く弄っていると利用時間が長くなり、他の利用者が使えなくなってしまいます。

ちょいメモ

・トレーニングルームにはスマホを持ち込まない方が良いです◎ 落として画面を割ってしまったり、トレーニングの邪魔になってしまいます。

・スマホに集中してしまうと、ペースも乱れてしまいます。

 

指定回数が終わったら叫ばない

よくありがちな指定回数のラスト1回が終わったら喜びのあまり大きな声で「よっしゃ!」だったり、思いっきり手を叩いたりして大きな音を鳴らすのはやめましょう。

ちょいメモ

・いつも達成できなかった回数や重さを持ち上げれた時嬉しい気持ちは分かりますが、マナー的によくありません。

 

みらいちゅう

一つでも皆さんのためになる要素があったら嬉しいです。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございます。

 

この記事を書いたライター

みらいちゅう

自分の仕事は、上場企業の正社員で現場の統括責任者をしています。

自分の理想を実現する為に、日々追いかけている真っ最中です!

すまぷらで皆さんの「この記事読んでよかった!」「この記事は分かりやすくて参考になった!」などの声があがる様に頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連するラベル

ページトップへ