減量にもってこい!?コーヒーはダイエットに効果を表すのか!?

記事更新日: 2021/04/05

ライター: みらいちゅう

この記事でわかること

■コーヒーとダイエットの関係。

■コーヒーの飲むタイミングと種類。

■コーヒーを飲む注意点。

みなみ

コーヒーってダイエットに効果があるって聞いたんだけど本当!?

みらいちゅう

コーヒーに含まれている成分は、ダイエットに良い効果をもたらしてくれるのは本当だよ!

みなみ

その成分ってなに!?

みらいちゅう

それは下記に書いてあるから見てね!

コーヒーダイエット】は本当に実現するのか気になる方もいらっしゃると思います。コーヒーはどのような形でダイエットに効果を表すのか書きましたので見て行ってください。

この記事を書いた人

みらいちゅう

上場企業に勤めています。将来、思い描く自分になれるように一つの手段としてライターをやらせてもらっています。
自分は、「ボディメイク」「ジム」「ダイエット」「トレーニング」の事について書いています!興味を持っていただけるように頑張ります!

コーヒーはほんとにダイエット効果があるのか

コーヒーに含まれている「カフェイン」と「ポリフェノール」がダイエットに効果的と言われています。その理由をご説明いたします。

カフェイン

コーヒーの代表的な成分であるカフェインには交感神経を活性化させる効果があり、心拍数の増加や血流が良くなる事で基礎代謝量が増えて、脂肪燃焼に効果が期待されています。

カフェインにはリパーゼをサポートしてくれる効果もあります。リパーゼとは、脂質の消化を行う消化酵素で脂肪の分解をしてくれる働きがあります。

カフェインを摂取すれば脂肪燃焼の働きをしてくれますが、ダイエットに繋がるのかは明確になっていませんので、カフェイン摂取のみのダイエットは難しそうです。

みらいちゅう

カフェインを適切に摂取すると生活習慣病などのリスクは下げれますが、過度に摂取してしまうと「めまい」や「不眠症」などのリスクが出てきますので注意して下さい。

 

ポリフェノール(クロロゲン酸)

ポリフェノール(クロロゲン酸)には、脂肪吸収を抑制する効果があります。普通、食事をすると脂肪が摂取されますがその脂肪を体内で分解して吸収する為に酵素が分泌されます。この酵素は脂肪の吸収を抑える働きをしてくれるので太りにくくなります。

その他に抗酸化作用があります。抗酸化作用は動脈硬化や老化や免疫機能の低下を引き起こすとされている「活性酸素」の発生を抑えたり、取り除く働きをしてくれます。

みらいちゅう

まだポリフェノールだけでダイエット効果が出るのは明確にはなっていません。

 

いつ飲めば効果は出るの?

飲むタイミング

コーヒーを飲むタイミングも重要になってきます。体内に蓄積した脂肪を燃焼と分解や脂肪吸収を抑える効果を最も発揮してくれるのは、食後30分以内に飲むと効果をより発揮してくれます。

食後から時間が経ってしまうと効果が薄れていくので30分以内を意識して摂取しましょう。

みらいちゅう

トレーニングをしているなら運動の前後に飲むのをオススメします。より脂肪燃焼効果を発揮してくれます。

ダイエットにおいて食事制限や糖質制限をするとストレスを抱えてしまいます。ストレスはダイエットにおいて大敵で最悪のケースだと自暴自棄になってダイエットを辞めてしまうかもしれません。ストレスを緩和させるためにも「ティータイム」を設けてダイエットが嫌にならない一つの方法としてコーヒーを飲む事をオススメします。

みなみ

一旦気持ちを落ち着かせる意味でもティータイムは有効かも!

補足

お酒を飲みすぎた次の日の二日酔いにはカフェイン摂取をすると良いでしょう。カフェインには利尿作用があり、老廃物を流してくれます。老廃物を流すと顔や他の部位のむくみを解消してくれます。

みなみ

二日酔いにはコーヒーを飲んで悪い物質を追い出すのね!

飲むならどんなコーヒーが良いのか?

コーヒーの種類は、砂糖やミルクが入っている有糖、微糖、無糖(ブラック)がありますが、有糖や微糖は知らず知らずの内に余分なカロリーを摂取してしまうのでダイエットには不利益です。

なので飲むならブラックコーヒーがオススメです。ブラックコーヒーは、100g当たり4kcalと低カロリーなのでダイエットに取り入れるのは良い方法です。

みらいちゅう

摂取カロリーを抑えることで、消費カロリーとの差が出てダイエット成功に近づきます。

ダイエット中でも高カロリーな甘いジュースや炭酸飲料を飲んでいる方は、ブラックコーヒーに換える事で余分なカロリーの摂取を抑える事が出来ます。

みらいちゅう

コーヒーの温度は大体80℃くらいがベストです!

注意すべき点

睡眠不足の恐れ

よく朝に目を覚ます用としてコーヒーを飲んでいる方も多いと思います。カフェインは目を覚ます作用がありますので寝る前に飲んでしまうと寝つきが悪くなり、睡眠不足に繋がるので寝る前は飲まない方が良いです。

みなみ

睡眠不足とダイエット効果には何の影響がでるわけ!?

睡眠不足は、コルチドールと言われる筋肉を分解するホルモンが増加してしまうのと食欲増進に繋がってしまい、筋肉が付きにくく、太りやすくなってしまうので睡眠不足はダイエットに大きな影響をもたらしてしまいます。

 

女性は気を付けよう

女性は、妊娠中や授乳中のママさんはコーヒーの摂取に気を付ける必要があります。それは、コーヒーに含まれているカフェインには妊産婦や胎児へ多少なりと影響があると言われています。

みなみ

お腹の子にまで影響出るのはマズイね。

WHO(世界保健機関)では、カフェインが胎児への影響はまだ研究では害があるという結果は出ていませんが妊婦さんに対してコーヒーは1日2~3杯までなら大きな影響がないと呼びかけていますので飲み過ぎには注意してください。

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コーヒーの成分である「カフェイン」や「ポリフェノール」がダイエットにもたらす効果と飲むべきタイミングや注意すべき点をご理解出来たでしょうか。

「カフェイン」や「ポリフェノール」は脂肪燃焼効果はあるとはいえ、良い部分しかないとはいえません。悪い時や悪影響を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。

工夫しながら飲んでダイエット成功のアシストになるかもしれません!

みらいちゅう

皆さんのお役に立てる記事になっていたら光栄です。

この記事を書いたライター

みらいちゅう

自分の仕事は、上場企業の正社員で現場の統括責任者をしています。

自分の理想を実現する為に、日々追いかけている真っ最中です!

すまぷらで皆さんの「この記事読んでよかった!」「この記事は分かりやすくて参考になった!」などの声があがる様に頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連するラベル

ページトップへ